きりぎりすキムさんの放浪(HOBO)日記
中年夫婦のキャンピングカーでのワンコ(コーギー)連れ旅日記。大好きなC級グルメや地方食のレポートや、ワンコかわいさのバカ親ぶりを恥ずかしげもなく大暴露!
プロフィール

キムさん

Author:キムさん
かみさんとワンコ(コーギー、年が明けたら7歳)をこよなく愛す。
キャンピングカーでの放浪と、「きりぎりす」と言われるほどギターがすき。うまいヘタは別だが・・・



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事・・・
長らく放置しっぱなしの、このブログ。
カミさんには「遺跡」などと言われて・・・。
いや、捨てたわけではないんで。

ま、しょうがないですな。義務みたいに書くのもいやだし。

で、ひさびさの更新。
日常のできごとの1コマがコレ・・・・
P6100036.jpg

屋外での仕事中、ふと上を見上げると
「え?!」

高圧線上でのお仕事。ひくく見積もっても30メートルはありそう。すぐワキにある4階建ての中学校の屋上よりだいぶ高かったから。
ものすごくいい加減なケントーですが(笑)

この不景気の時代に、万が一(でもあっても困るが)現在の職を失ったときにも絶対できないのがこれ!
下から見上げてるだけで足がすくんでんだから。目も眩んでるし。
望遠きかせて写真撮るのだけで気絶しそうなんだから。
P6100039.jpg
P6100048.jpg
ネット状の傘がさかさまになっているのは「工具落下防止ネット」だろうが、自分には必要ないですね。
ワイヤーで繋いでおかない限りネット外に落としまくります。
もしくは、自分が安全帯にぶら下がっちゃうか。
まあ、足手まといになるのがオチ(泣)

したくもないんだけどね。
そう祈ってます。

自分の仕事のなかに「多少高い場所」での仕事もないわけじゃないけど、足場は固いです。
空中ではない。足で踏ん張れます、ほとんどの場合。

でも若いころから比べると、自分が高い場所に対して格段に臆病になっているのは確かだ。
3メートルくらいの脚立の上で作業していても
「もしバランス崩したら飛び降りちゃえばいいや!」
って若いころには思えたのだが、最近はこれがいかに今の自分にとって困難か判るわけで。

え~、ひとくちに「脚立から飛び降りる」っていってもいくつかの判断と、それにともなう身体能力が必要なわけで。

1、脚立の上でバランスを崩したことと、もはやバランスの修復は不可能であることを認知し、飛び降りることを決定。

2、着地する場所の確認、どの程度飛べばいいか?傾斜は?物が置かれていたり、大きな石があっ
  たりしないか?

3、重心を置いている足で充分に脚立の踏み板を蹴ることができるかの判断。
  不可能ならば重心足を換える、足をずらす。

4、手に持っている道具類を投げ捨てる(ナニが難しいってコレがいちばん難しい。値段が高い道具は  もっとも難しい)。

で、飛ぶわけですな。
ここまで長くて1秒。

若いときには考える前に身体が動いたけれど、歳喰うと考えるが判断はアヤシイし、体が動かん。
頭の中がマッシロなまま落下するような気がする。

拠って、高いところは怖い。

今回のテーマなんだけど

「加齢にともなう恐怖心」とでもしたほうが適当だったかもしらん。
ま、いいか・・・。
P6090021.jpg
これで和んでください。
P6090025.jpg





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kim0303.blog102.fc2.com/tb.php/60-966d5c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。