きりぎりすキムさんの放浪(HOBO)日記
中年夫婦のキャンピングカーでのワンコ(コーギー)連れ旅日記。大好きなC級グルメや地方食のレポートや、ワンコかわいさのバカ親ぶりを恥ずかしげもなく大暴露!
プロフィール

キムさん

Author:キムさん
かみさんとワンコ(コーギー、年が明けたら7歳)をこよなく愛す。
キャンピングカーでの放浪と、「きりぎりす」と言われるほどギターがすき。うまいヘタは別だが・・・



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF作家・・
「2001年 宇宙の旅」の原作者の「アーサー・C・クラーク」が死んだらしい。90歳。

高校生のときに「2001年 宇宙の旅」を新宿南口の映画館で見た。
神の領域、と思った。「冷戦」真っ只中だったし。ヴェトナム戦争が終わった直後。

もうちょっと後で翻訳された原作も読んだ。

哲学かな、これは。言葉の意味もよく分からないまま、そう思った。


キムさん、けっこうSF好き。
いえ、最近は読んでませんが。感銘を受けた本は多くある。

ハインライン     「夏への扉」
ジャック・バーネル&ラリイ・ニーブン    「悪魔のハンマー」
カート・ヴォネガット・jr 「猫のゆりかご」
光瀬龍        「百億の昼と千億の夜」 これは萩尾望都の漫画も秀逸。
筒井康隆、星新一、宮沢賢治
アシモフ    「永遠の終わり」 「宇宙の小石」 「ミクロの決死圏」←これは美術監督(体内デザイン)は、ダリ!!だった。

じつは、現代の先端技術と言われるもののヒントはSF小説に多くあって・・。
衛星放送、体内カメラ、ラジコン、レントゲン、CTスキャン、MRI,。そして究極の携帯電話。

音声認識は、もう当たり前だけどラジコンが音声認識と結びついたら
「スーパー・ジェッターの流星号」になったりする。
「鉄人28号」は、ただのラジコンだから・・。
最初は空を飛べなかったらしいしww

最近、話題になってる「パワースーツ、パワーモービル」
人間の生身の身体に着脱可能な「ロボット」ね。
これはハインラインの「宇宙の戦士」というSF小説の中で、
「パワードスーツ」として出現している。
ちなみにこの小説が書かれたのは1959年、キムさんはまだ1歳のバブバブ。すごいね。

ひとことで言ってしまえば、現代の最先端技術は医療にしても宇宙にしても、パソコン、ケータイにしても、冷凍食品やフリーズドライでさえも「軍事技術」とは無縁ではない、ということ。

またちょっと、「SF小説」読みたくなったな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

訳分かりません。
子供の頃に見た未来の風景で車が飛んでて人が宇宙服みたいなの着てて、と言うのしか記憶に無くて。SFって子供の時から好きではなかったな、現実離れしててさ。

良かったね、いっくん。これで後は時間が経てば必ず完治するんだからな。
面会にも行くんですか?長い入院だから顔見に行かないとね、早く元気ないっくん、見たいです。(まだまだ先だけどね、)今頃何してるんだろう?起きてるのかな?麻酔が切れて痛いのかな?
【2008/03/21 06:49】 URL | なると #- [ 編集]


【なる父さん】

ある意味、自分は空想少年(青年?)だったのかもな・・・

まあ、考え方でSFっぽくない物だってSFだったりするよ、100年くらい前からみたらね。
クルマなんて「馬のいらない馬車」だし、ケータイはテレパシーとも言える。

あした、一緒に見舞いに行くよ。
動物病院でもかなりイイコらしいww
でも別れ際は、お互いつらいよな。
【2008/03/21 21:31】 URL | キムさん #1wIl0x2Y [ 編集]


【なる父さん、へ追伸】

タヌキの置物、ご利益あったみたいよ。
ありがとう。
【2008/03/21 21:37】 URL | キムさん #1wIl0x2Y [ 編集]


クラークが亡くなりましたか・・・、著作は読んでないけど。SFではアシモフ、ハインライン、パーネル&ニーブンやブラッドベリは結構読みました。ハインラインの「宇宙の戦士」は時々読み返したりしています。ジェリー・パーネルは軍事物SFで有名ですね。「宇宙の傭兵」なんてのがありました。比較的最近(と言っても古典の部類ですが・・・)ではフランク・ハーバートかな。これも結構哲学的で・・・、途中で投げました。光瀬龍「百億の昼と千億の夜」は名作ですネ。萩尾望都のも家にあります。ああ、キリがない。今度会った時にでも、飲みながらゆっくり。
いっくん、無事に済んで良かったですネ。母屋での笑顔でホッと一安心しました。
【2008/03/22 10:22】 URL | アーサーのおとさん #OBwz9xVY [ 編集]


【アーサーのおとさん】

おとさんとは、「酒のツマミ」きりがないかもww

SF、漫画、音楽、その他諸々。
いずれにしても、マイナーな少々マニアックな話(苦笑)

SFは、かなりはまって読んだ時期があって。作家名は忘れたけど
「深宇宙シリーズ??」とか・・・。

じつは、アーサー・C・クラークが、まだ生きてるなんて思いもよらなかった、
ってか、それほどSFから離れていました。
【2008/03/22 17:59】 URL | キムさん #1wIl0x2Y [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kim0303.blog102.fc2.com/tb.php/39-e43bd9ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。